2009年11月24日

12月12日(土)NWM&SVPナイト〜冬のソーシャルベンチャー・フェア

おかげさまで定員に達しましたので、
申込み受付を締め切らせて頂きました。

ありがとうございますexclamation×2
(11/28 10:14)


---

お待ちかね、12月12日(土)のNWM&SVPナイトのお知らせですexclamation×2

今回も、かなーり、豪華なゲストぴかぴか(新しい)がそろいました。
満席必須のNWM。
お早めにお申し込みくださいねるんるん


◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆  
◆   ◆第49回 SVP-Tokyoネットワークミーティング◆

     〜忘年会スペシャル&SVPナイト!!〜 
      冬のソーシャルベンチャー・フェア

  〜The 49th SVP Tokyo Network Meeting

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

年末恒例、2009年最後のネットワークミーティング(忘年会スペシャル)を
開催します!


昨年から今年にかけて、私たちは世界同時不況という大きな経済環境の
変化を経験しました。それと同時に、これまで見過ごされてきた多くの
社会的課題が顕在化した年でもありました。

経済を支える「社会」という枠組みそのものを考え直すきっかけと
なった、そんな2009年だったと思います。

そして今、新たな社会的課題解決の担い手としての
「ソーシャルベンチャー」が大きな注目を集めています。

今回のネットワークミーティングでは、さまざまな分野に関心を持つ
SVPパートナーが「ぜひ紹介したい!」という素敵な挑戦をしている
ソーシャルベンチャーの皆さんを多数ゲストにお迎えします。

「今感じている問題のヒントを探りたい」
「自分の知らない社会的課題とその解決策を知りたい!」
「単純に刺激的な話が聞きたい!!」

・・・などなど。

テーマにこだわらない「忘年会スペシャル」ならではの楽しみ方を、
どうぞ♪


ちなみに、今回のネットワークミーティングは2部構成です。

第1部は、テーマを自由に、
新たな挑戦をしている人たちにおいでいただく、
「ソーシャルベンチャー・フェア」のスタイルで開催します!
楽しく、カジュアルにいろいろな話を広げたいとおもいます。

第2部は会場を移して、
毎年大盛り上がりのSVPナイトです!
時間が許すかぎり、飲んで食べて、語り合いましょ〜♪
宣伝、自己PRの持ち込み大歓迎です。


それから今回もやります、SVPプチ説明会第二弾!

年明けに予定しているパートナー募集に向けて、
私たちのことをもっと知っていただきたいと思います。

「SVPって何をやってるの?」「パートナーってどんな人?」などなど。
ご興味のある方はぜひご参加ください。


そして・・・
実は、毎回、あっという間に定員に達してしまっています!
お申し込みは、ぜひぜひ【お早めに】お願いします!!

では、師走の週末の午後を、
志のある仲間と一緒に、愉快に過ごしましょう!

           ◇・◆・◇・◆・◇

■日時:
2009年12月12日(土)
   12:30  開場
   13:00〜 SVPプチ説明会
   14:00〜 第1部:ソーシャルベンチャー・フェア 
   18:30〜 第2部:SVPナイト(年忘れクリスマス会)

■メニュー(予定です)

★14:00〜 第1部:ソーシャルベンチャー・フェア

●一人ひとりの想いを集めて、「滴を大河に」
コモンズ投信株式会社 会長 渋澤健さん

http://www.commons30.jp/

これからの30年を投資家とともに創るために、
企業と個人投資家が対話できる「共有地」でありたい。
30年、30銘柄、対話で育む、参加型、新たなコンセプトの
投信ファンドを立ち上げた、渋澤健さん。
企業理念、企業文化、人材など「見えない資産」も重視して投資する。
収益の一部は、社会起業家・NPOに社会的投資・寄付していく。
企業の価値創造に貢献する長期投資をどう育てていくか、
一緒に考えてみたいと思います。


●生活習慣病予防のための「ワンコイン健診」を手掛ける
ケアプロ株式会社 代表取締役 川添 高志さん

http://carepro.co.jp/

非正規雇用などで健診を受けられない人が、
国内に2000万人いると言われています。
「ワンコイン検診」は、健康保険証がなくても気軽に
メタボ検査を受診できるサービスです。
川添さんは、慶應義塾大学在学中に米国で研修を受ける中で、
Retail Clinic等の業態を知り、
卒業後は経営コンサル会社を経て看護師として勤務しつつ、
東京大学医療政策人材養成講座にてケアプロの事業を構想しました。
現代日本人の健康増進・予防から、我が国の
医療費抑制に貢献したいと考えています。


●四国の社会起業家を支援する
ソーシャルベンチャーズ四国(NPO申請中) 八木陽一郎さん

http://svshikoku.seesaa.net/
http://yagi-lab.com/

四国をもっといきいきした地域にしたいと願う八木さんを中心とした
地域のメンバーの方々と、SVP東京のメンバーとの交流がきっかけで、
10月31日にキックオフしたばかりの新しい組織です。
SVP東京を1つのモデルとして少しずつ準備を進めてきました。
まさに今スタートしようとするソーシャルベンチャー四国の
想いや現状、取組、今後の展開などを皆さんと共有し、
知恵と友情を深め合えるような対話の時間を持たせていただけると
うれしいです。


●家庭訪問型子育て支援の新しいカタチ
NPO法人「ホームスタートジャパン」事務局長 山田幸恵さん

http://www.homestartjapan.org/

就学前の子どもがいる家庭にボランティアが訪問する
「家庭訪問型子育て支援」という活動をご存知ですか?
30年以上前にイギリスで発祥、既に世界20カ国に広がっており、
児童虐待を未然に防ぐなどの効果が認められています。
ちょっと聞くと、今の日本でもありそうな活動に思えますが、そうでもなく、
行政の支援などが届きにくい所で母親たちを支えるNPOが
いま全国展開しようとしています。


●ホントに2枚目なヤツは、それを持っている。
「日本2枚目の名刺協会」(設立準備中) 石田泰博さん、廣優樹さん

http://nimaimejapan.blog104.fc2.com/

仕事で使う名刺だけではなく、
NPOや社会貢献に関わる「2枚目の名刺」を持ちませんか?
それが、今の日本で、世界で、2枚目(かっこいい)と思いませんか?
ビジネスパーソンにそう呼びかけ、
仕事で培ったスキルや経験で社会とつながる、
自分を変える、社会を変える、笑顔になる!
企業の人事やCSR部門も巻き込んで、NPOなどと出会う場を創る、
そんな2枚目な構想が動き出しています。


様々な分野から、たくさん揃いましたね。
刺激的な出会いを楽しみましょう♪


★18:30〜 第2部:SVPナイト(年忘れクリスマス会)
ソーシャルな活動に関心のある方、支援したい人たちが一同に集まる
年末恒例のSVPナイトです。

これまでSVP東京のNWMに来ていただいた方、
投資先として応募いただいた方、
パートナー、サポーター、エンジニアとして関わっていただいた方、
もちろん、初めての方も、大歓迎です!!
ぜひ、宣伝や告知も、してください〜


■場所:
築地社会教育会館 2階 講習室
東京都中央区築地4丁目15番1号
地図:http://chuo-shakyo.shopro.co.jp/tsukiji/access.php
・地下鉄 東銀座駅(6番出口)...徒歩5分(都営浅草線、日比谷線)
・地下鉄 築地市場駅(A1出口)...徒歩5分(都営大江戸線)
・都バス 築地...徒歩3分
・都バス 築地3丁目...徒歩3分

■参加費:
・NWM   1,000円(資料代)
 SVPナイト 4,000〜5,000円(実費となります)

■申込み:
事前にお申し込みください。
定員になり次第、締め切ってしまいますので、お早めに!

※プチ説明会とソーシャルベンチャーフェア、SVPナイトのお申込は
SVP東京ホームページから。
http://www.sv-tokyo.org/wordpress/?page_id=24

※会場に限りがあります。定員(90名)に達し次第、締め切りとなります。

■主催:
ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)

◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<主催団体> ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)
http://www.sv-tokyo.org/
http://info.sv-tokyo.org/ (ブログ)

SVP東京は、ビジネスや、さまざまな分野での専門性をもった個人
(=パートナー)がお金を出し合い、ファンドを組成。社会的な起業を支援、
一緒に成果を目指しています。

特徴は、お金のかかわりだけでなく、パートナー個々人が、自分の専門性を
生かした時間の貢献や、一緒に汗を流すことを通じて、地域やビジネス、
働くことのあり方に変化を生み出そうとしていること。

2005年より各パートナーが毎年10万円の出資を行い、実際に支援・協働活動を
行なっています。

■2005-2007,2008
「フローレンス」
「多文化共生センター東京」
■2007-2009
「バイリンガル・バイカルチュラルろう教育センター」
「マドレボニータ」
■2008-
「女性医師のキャリア形成・維持・向上をめざす会」
「みやじ豚」
「ワールドキャンパスインターナショナルインコーポレイティッド」
■2009-
「プラスリジョン」
「NPOカタリバ」
「ガイア・イニシアティブ」

また、SVP東京は、北米を中心に約25都市で展開する、
ソーシャルベンチャー・パートナーズの、初の北米外でのアフィリエートと
して加盟しています。(http://www.svpi.org/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆
posted by SVP東京 at 11:37| NWM(ネットワークミーティング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

次回NWM&SVPナイトは12月12日(土)!

次回ネットワークミーティングと伝説の!?SVPナイトは、
2009年12月12日(土)14時〜、
都内で開催する予定ですぴかぴか(新しい)

詳細が決まり次第、このブログ、ML、Twitter、公式サイトで
お知らせいたします。

今、パートナーみんなで、企画を練っているところです。

まずは手帳にご記入くださいね〜るんるん
posted by SVP東京 at 19:08| NWM(ネットワークミーティング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

今日のNWM、Twitterで中継します!

直前のお知らせですexclamation×2

本日10月17日(土)のNWMでは、初の試みとして、
Twitterによる生中継を行いますぴかぴか(新しい)

SVP東京: http://twitter.com/svp_tokyo

今日の総合テーマは皆さんも関心の高い、「水」たらーっ(汗)
どんなお話を伺えるか、今からとっても楽しみです。

Twitterアカウントをお持ちの方は、あるいはこの機会に作って、
ぜひフォローしてくださいね〜。実は世界でも、日本でも、
社会起業家の皆さん、いっぱい、つぶやいてます。

日本:http://ow.ly/uxJd
海外:http://ow.ly/uMPL
posted by SVP東京 at 11:03| NWM(ネットワークミーティング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

10/17(土)SVP東京NWMのお知らせ!「命をつくる水 〜私と世界と水と、ビジネスのつながり」

本日10/7、定員に達したため、お申込み受付を
締め切らせていただきました。

ありがとうございますexclamation×2

〜〜〜
お待たせしました!

10月17日(土)、NWMのお知らせでするんるん

本日10/6、もう1名、スピーカー追加になりました!
ますます楽しみですね〜ハートたち(複数ハート)


◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆
◆   ◆第48回 SVP東京 ネットワークミーティング◆

  「命をつくる水 〜私と世界と水と、ビジネスのつながり」

   The 48th SVP Tokyo Network Meeting 2009年10月17日(土)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、こんにちは!
お待ちかね、ネットワークミーティングのお知らせです。

今回のメインテーマは、「命をつくる水」たらーっ(汗)

私たちの体の約70%を占める水。一日に必要な水分は2リットル以上、
全く飲まないと3日程度しか命がもたないと言われています。
最低限の一日の健康的な暮らしに必要な水は10リットル。
その水がいずれ手に入らなくなるとしたら。。。

"それってほんと?蛇口をひねればいつでもお水が出てくるのに。"
こんな数字があります。

・2025年には、世界48カ国で約50億人が水不足(推計人口約80億人)
・2050年には、世界の約70億人が水不足(推計人口約90億人)

あれれ・・? "地球は水の惑星、じゃなかったっけ。"

その通りですが、
他にこんな数字も。。。

・現在世界で11億人が安全な飲み水を手にすることができない。
・サハラ砂漠以南のアフリカでは1人1日10〜20リットルの水で過ごしている。
・一方、日本の生活の中では、1人1日350リットルの水を利用している。

"日本にとってはまだそれほど緊急課題じゃなさそう??"
いえ、いえ〜〜!(笑)わーい(嬉しい顔)

・食糧自給率の低い日本は、大量の農産物などの輸入によって、
 結果的に、その生産工程で大量の水を消費していることになる。
・日本国内での年間水使用量と”仮想水”の輸入量はほぼ同量に近い。
 月見そば一杯には750リットルの仮想水が含まれる。

みーんな、つながっています。
世界をつなぐ、水の話。根本から、私たちの生活につながっています。

今の経済、ビジネス、そして水・・・色んな価値を、あらためて考えてみる。

というわけで、
これはほっておけない!とアクションを起こしている団体をお招きします。

何をきっかけに、問題のどの部分に注目して、どのようなアプローチを
してきたのか、お話を伺いながら、ゲストの方々と、そして参加する
皆さんといっしょに、これからのことを考えていきたいと思います。


また、今回のNWMはお楽しみるんるんが2つあります!

ひとつめ・・・NWMが始まる前に、SVP東京のパートナー入会についての
【プチ説明会】を行います。今後の募集の際に、参考になるかとおもいます。
希望される方は、ぜひお知らせください。

ふたつめ・・・NWMのトークセッションが終わってから、同じ場所で
【カフェタイム】があります! 飲み物やお菓子を楽しみつつ、
スピーカーの方々や、他の参加者のみなさん、SVPのパートナーと
つながりましょう。ぜひ、ご参加ください!


それから・・・
実は、毎回、あっという間に定員に達してしまっています!
お申し込みは、ぜひぜひ【お早めに】お願いします!!

10月17日に、お会いしましょう!


◇・◆・◇・◆・◇

■日時:
2009年10月17日(土)
開場:  13:00
説明会: 13:15〜13:45
NWM: 14:00〜17:00
カフェ: 17:00〜18:00終了

■メニュー

13:00 開場

13:15〜13:45 SVP東京パートナー【プチ説明会】
       (参加希望の方は事前にお申込みください!)

14:00〜 NWM

1. SVP東京からごあいさつ

2. トークセッション

◆東京みずユース ALWAYS プロジェクト
野口豪さん
SHIZUKU webサイト
http://www.waterforum.jp/jpn/shizuku/

日本の子ども・若者に水問題へ興味を持ってもらうべく、
水フリーペーパーの発行や水場体験、授業やワークショップなどを
開催している東京みずユース代表を務める。

世界22カ国の若者が自国の水問題についてレポートし、
8カ国語のマンガ形式で子どもにも分かりやすくまとめた
「SHIZUKU」を発行するなど、世界中の水ユースを巻き込んで
活動している。

現在は、千葉流山にて、「土をきれいに、水をきれいに、人をきれいに。」
という方針のもと、農場経営をしている。

人間力大賞2009環境大臣奨励賞受賞
(社団法人日本青年会議所による青年版国民栄誉賞)

◆特定非営利活動法人 荒川クリーンエイド・フォーラム
理事 伊藤浩子さん
http://www.cleanaid.jp/

埼玉県奥秩父より東京の下町を流れ東京湾に注ぐ荒川。
その荒川でゴミを拾って自然を回復させようと活動して
16年目となり、参加者は延べ10万人を越える大きな運動として
広がっています。

NPOが中心となって、行政や自治体と連携をして、
企業や学校や市民団体ともネットワークを組み
川のゴミを数えながら拾う活動は、全国でもユニークです。
近年の社会貢献やボランティア活動の盛り上がりにも
柔軟に対応しながら、より多くの人がゴミについての
気づきが持てるよう推進しています。

日本ポリグル株式会社
代表取締役会長 小田兼利さん

http://www.poly-glu.com/

世界人口の実に20%にあたる12億人の人々は、安全な飲料水を得ることが
できずにいます。水をめぐって国家や民族間の紛争も起こりえます。
私たち日本で生活する者にとっても決して他人事ではないのです。

「安全な飲料水を、世界中の人々が確保するにはどうすればいいのか…」
そんな時小田社長が出会ったのが、納豆のネバネバ成分である
ポリグルタミン酸です。研究を重ね、無害で処理能力の高い水質浄化剤を、
世界中どこを探しても存在しないものを誕生させました。

小田会長はこの水質浄化剤を現地の人が管理し、経済的にも循環する
仕組みにも力を入れています。このような日本発の素晴らしい技術は、
経済産業省が目指すBOPビジネス推進事業にも選ばれ、継続的な水問題、
社会問題を解決する仕組みとしてさらに発展されています。濁った水が
目の前であっという間に浄化される実験は、圧巻です。



17:00〜 【カフェタイム♪】
    (美味しいおやつをご用意しています。ぜひご参加ください♪)

■場所: (いつもと違います!!ご注意を!!)
築地社会教育会館 4階 視聴覚室
東京都中央区築地4丁目15番1号
http://chuo-shakyo.shopro.co.jp/tsukiji/access.php
・地下鉄 東銀座駅(6番出口)...徒歩5分(都営浅草線、日比谷線)
・地下鉄 築地市場駅(A1出口)...徒歩5分(都営大江戸線)
・都バス 築地...徒歩3分
・都バス 築地3丁目...徒歩3分

■参加費:
・NWM 1,000円(資料代&カフェタイム)

■申込み:
事前にお申し込みください。
定員になり次第、締め切ってしまいますので、お早めに!

※プチ説明会とNWMのお申込はSVP東京ホームページから。
本日10/7、定員に達したため、お申込み受付を
締め切らせていただきました。

※会場に限りがあります。定員(70名)に達し次第、締め切りとなります。

■主催:
ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)

◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<主催団体> ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)
http://www.sv-tokyo.org/
http://info.sv-tokyo.org/ (ブログ)

SVP東京は、ビジネスや、さまざまな分野での専門性をもった個人
(=パートナー)がお金を出し合い、ファンドを組成。社会的な起業を支援、
一緒に成果を目指しています。

特徴は、お金のかかわりだけでなく、パートナー個々人が、自分の専門性を
生かした時間の貢献や、一緒に汗を流すことを通じて、地域やビジネス、
働くことのあり方に変化を生み出そうとしていること。

2005年より各パートナーが毎年10万円の出資を行い、実際に支援・協働活動を
行なっています。

■2005-2007,2008
「フローレンス」
「多文化共生センター東京」
■2007-2009
「バイリンガル・バイカルチュラルろう教育センター」
「マドレボニータ」
■2008-
「女性医師のキャリア形成・維持・向上をめざす会」
「みやじ豚」
「ワールドキャンパスインターナショナルインコーポレイティッド」
■2009-
「プラスリジョン」
「NPOカタリバ」
「ガイア・イニシアティブ」

また、SVP東京は、北米を中心に約25都市で展開する、
ソーシャルベンチャー・パートナーズの、初の北米外でのアフィリエートと
して加盟しています。(http://www.svpi.org/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆

posted by SVP東京 at 21:52| NWM(ネットワークミーティング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

次回NWMは10月17日(土)です!

すっかり涼しく、秋らしくなってきましたねいい気分(温泉)

次回ネットワークミーティングは、
2009年10月17日(土)午後、
都内で開催する予定です。

今回のテーマは「水」たらーっ(汗)

詳細が決まり次第、ML、ブログ、公式サイトでお知らせいたします。
申込み受付開始まで、しばらくお待ちくださいexclamation
posted by SVP東京 at 18:16| NWM(ネットワークミーティング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

8/22(土)SVP東京NWMのお知らせ! ≪「子ども」から見える、ぼくらの社会と、働くということ。≫

おかげさまで、定員に達したため、
受付を締め切らせていただきました。

たくさんのお申込み、いつもありがとうございますぴかぴか(新しい)
(8月17日追記)

〜〜〜

お待たせしました〜かわいい
次回NWMのお知らせです。

おかげさまで毎回、大盛況です。
お申込みはお早めに〜新幹線

◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆
◆ ◆第47回 SVP東京 ネットワークミーティング◆

「子ども」から見える、ぼくらの社会と、働くということ。
      〜出産&子育て(Birth & Parenting)

The 47th SVP Tokyo Network Meeting 2009年8月22日(土)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、こんにちは!
お待ちかね、ネットワークミーティングのお知らせです。

今回のメインテーマは、「子ども」。

出産&子育て、子どものテーマは女性にとってだけではなく、
家族や、社会にとっての大切なお話です。今も、多くの人や団体が、
さまざまなアプローチから、このテーマに向き合っています。

ここから見える、日本の社会や、世界の問題、いま、何がおきているのか。
私たちの、働くということ、ビジネスのあり方、また、生きていく、
ということをぼくらがいまどう扱っているのか・・・ たくさんのことが
見えてくると思います。

今回は、出産や育児に関わる、さまざまなテーマに取り組み、
未来をつくろうとしている3つの団体に、お話を伺います。

何が問題なのか、その問題にどのようなアプローチをしてきたのか、
お話を伺いながら、ゲストの方々と、そして参加する皆さんといっしょに、
これからのことを考えていきたいと思います。


それから・・・
実は、毎回、あっという間に定員に達してしまっています!
お申し込みは、ぜひぜひ【お早めに】お願いします!!

また、終わってからの懇親会は、スピーカーの方々や、
他の参加者のみなさん、SVPのパートナーもいます。
ここから始まる、具体的な第一歩もあります。
ぜひ、ご参加ください!

8月22日に、ぜひお会いしましょう!


◇・◆・◇・◆・◇

■日時:
2009年8月22日(土)
13:30開場/14:00開始〜18:00(予定)

■メニュー
1. SVP東京からごあいさつ

2. トークセッション

◆NPO法人「病気の子ども支援ネット 遊びのボランティア」
代表理事 坂上和子さん
〜遊びが、重病の子のいのちと学びを支えます!
http://www.hospitalasobivol.jp/

重い病気などで入院している子どもたちが、どれほど厳しい環境に
置かれているか、みなさんご存知でしょうか。

病気の治療だけでも辛いのに、学校に行くことも友だちと遊ぶことも
できず、家族と一緒にいられる時間さえ面会時間の制限などがあります。
「遊び」を通じて知識や人間関係を学んだり、絵や音楽を心で感じたり、
子どもの成長に欠かせないものを大きく奪われているのが現実です。

そんな子どもたちの思いを感じ、坂上和子さんは1991年、東京・新宿の
国立国際医療センターでボランティアが子どもたちを毎週訪問し、
一緒に遊ぶ活動を始めました。

以来18年、数多くの子どもや親を支えてきた実績はもちろん、病院側の
信頼を確たるものとするために並々ならぬ努力をし、欧米の先進的な病院を
視察するなどした成果として、同様の活動が複数の病院に広がっています。
病気の子どもたちをめぐる実情と、坂上さんたちの歩みを聞けば、きっと
共感していただけると思います。


◆NPO法人「東京コミュニティミッドワイフ活動推進協議会」
代表理事 山本聡さん
〜助産師による 女性と家族のためのトータルヘルスケア
http://www.nerijo-luna.com/

2006年の「厚生科学研究班による産科医又は助産師の継続ケアに関する
疫学調査」によると、特に助産師の継続ケアを受けた女性は医療介入が
少なく、自然分娩、助産ケア、早期授乳等が有意に高いという結果が
出ていました。

この結果を受け、助産師による女性への継続ケアの提供が必要と考え、
2008年4月、グループで地域の助産師によるケアとサポートを365日
受けられる場「ねりじょはうすLuna」を開設。約1年で延べ1000組以上の
妊婦や母子が来所し、安心して妊娠、出産、子育てができると評判は
上々です。

多くの女性が自分の身体性を信頼し、自然に出産し、自信を持って
妊娠・出産・育児期を過ごすことができるよう、コミュニティ全体で
サポートする世の中を目指しています。


◆NPO法人「あっとほーむ」 代表理事 小栗ショウコさん
〜働く女性と、子どもたちに、もうひとつ「おうち」をつくりたい
http://plaza.rakuten.co.jp/npoathome/

子どもに愛情もかけたいし、きっちり仕事もしたい。そう思う多くの女性を、
色々な「壁」が阻んでいる現状があります。子どもを預ける場所がない。
預けられる時間が短く、 結局仕事をやめざるを得ない・・・
運良く、夜まで対応してくれる場所があっても、夜までずっと集団保育では
子どもがクタクタになって心配や罪悪感もある。でもベビーシッターは
高いし、1対1で家にいるのも不安・・・。

小栗さんが1998年から横浜で始めた「あっとほーむ」は、保育園や
小学校の後、子どもたちが帰ってきて“おうち”のように安心できる場所、
親戚・兄弟のように笑顔で過ごせる場所を実現しています。昨年10周年を
迎え、小栗さんが築きあげた、子どもも親も嬉しい「あっとほーむスタイル」
が現在、他の拠点にも展開しようとしています。


■場所: (いつもと違います!!ご注意を!!)
浜町区民館 7号室
東京都中央区日本橋浜町三丁目37番1号
http://www.city.chuo.lg.jp/sisetugaido/syukaisisetu/syukaisisetu11/index.html
・東京メトロ半蔵門線水天宮前駅下車7番出口 徒歩10分
・都営地下鉄新宿線浜町駅下車A2番出口 徒歩5分


■参加費:
・NWM 1,000円(資料代)
・懇親会 4,000円程度(お店での飲み会の実費になります。)


■申込み:
事前にお申し込みください。
定員になり次第、締め切ってしまいますので、お早めに!

※お申込はSVP東京ホームページから。
(定員に達したため、受付は締め切りました。)

※終了後に懇親会を予定しています。できるだけ、事前にお申込み
ください。

※会場に限りがあります。定員(100名程度)に達し次第、締め切りと
なります。


■主催:
ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)

◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<主催団体> ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)
http://www.sv-tokyo.org/
http://info.sv-tokyo.org/ (ブログ)

SVP東京は、ビジネスや、さまざまな分野での専門性をもった個人
(=パートナー)がお金を出し合い、ファンドを組成。社会的な起業を支援、
一緒に成果を目指しています。

特徴は、お金のかかわりだけでなく、パートナー個々人が、自分の専門性を
生かした時間の貢献や、一緒に汗を流すことを通じて、地域やビジネス、
働くことのあり方に変化を生み出そうとしていること。

2005年より各パートナーが毎年10万円の出資を行い、実際に支援・協働活動を
行なっています。

■2005-2007,2008
「フローレンス」
「多文化共生センター東京」
■2007-
「バイリンガル・バイカルチュラルろう教育センター」
「マドレボニータ」
■2008-
「女性医師のキャリア形成・維持・向上をめざす会」
「みやじ豚」
「ワールドキャンパスインターナショナルインコーポレイティッド」

また、SVP東京は、北米を中心に約25都市で展開する、
ソーシャルベンチャー・パートナーズの、初の北米外でのアフィリエートと
して加盟しています。(http://www.svpi.org/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆
posted by SVP東京 at 22:06| NWM(ネットワークミーティング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

次回NWMは8月22日(土)!

毎日暑いですね〜晴れ

速報でするんるん

次回ネットワークミーティングは、
2009年8月22日(土)午後、
都内で開催する予定です。

詳細が決まり次第、お知らせいたします。
どうぞお楽しみに〜ぴかぴか(新しい)
posted by SVP東京 at 13:48| NWM(ネットワークミーティング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

6/20(土)SVP東京NWMのお知らせ! ≪企業内社会起業≫

いつもありがとうございますかわいい

おかげさまで定員に達しましたので、受付締切りさせて頂きました。
明日、お目にかかりましょうぴかぴか(新しい)


◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆
◆ ◆第46回 SVP東京  ネットワークミーティング◆

総合テーマ:企業内社会起業(Corporate Social Entrepreneurship)

The 46th SVP Tokyo Network Meeting 2009年6月20日(土)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、こんにちは!
お待ちかね、ネットワークミーティングのお知らせです。

今回は「企業内社会起業」をメインテーマに、話を聞きます!

近年、既存の民間企業や企業体においても、環境や医療、
貧困などの社会的ニーズの高い分野において事業を起こす動きが
広がってきています。

今回のNWMは、特に新規事業として社会的な分野への取り組みを
始めた企業のご担当者様をゲストにお招きし、事業の立ち上げに
あたっての経緯や立ち上げ前後に生まれた社内の変化、
立ち上げの想い等をお話しいただき、企業にとっての社会性や
企業の社会的責任(CSR)の新たな形について、皆さんと一緒に
考えてみたいと思っています。

また、特別ゲストとして、タイから来日中のバーンロムサイ代表、
名取美和さんにもお話していただきます。


NWMは【事前受付制】となっています。
毎回、あっという間に定員に達してしまいます。
お申し込みはお早めに〜♪

NWM後の懇親会は、スピーカーやSVPパートナー、他の参加者と
知り合い、いろんな話ができる機会ですので、参加ご検討くださいね。

みなさんのご参加、お待ちしています!


◇・◆・◇・◆・◇

■日時:
2009年6月20日(土)
13:30開場/14:00開始〜18:00(予定)


■メニュー

1. SVP東京からごあいさつ

2.ゲストスピーカーの話

◆水野 達男さん
住友化学株式会社ベクターコントロール事業部長
http://www.olyset-net.jp/

マラリアはエイズ、結核と並ぶ世界3大感染症の1つであり、
年間で3.5〜5億人を超える人が罹患し、100万人以上が死亡しています。

住友化学では、事業の核となっている殺虫剤と樹脂の技術を駆使した
マラリア対策用の蚊帳(オリセットネット)を開発、世界で初めて
アフリカで製造し、販売・普及しており、地球規模でのマラリア撲滅運動に
貢献しています。

そこで本事業の担当者から、本業を生かしたCSR事業という視点から
お話いただきます。


◆竹本 吉輝さん
株式会社トビムシ
http://www.tobimushi.jp/

株式会社トビムシは、森林の施業管理、森林資産(素材)生産、加工、
販売を自らも行うとともに、製材会社等に対する経営支援や、
地域ブランディングおよびマーケティングの企画・実行を支援する
森林・林業のトータルマネジメント事業を展開しています。

また、森林の価値向上を目指す熱意ある地域の取り組みに対し、
多くの人々と想いを共有し支援できる場として、国内初の森林・
林業支援の事業ファンドである「共有の森ファンド」を創設しました。


ちょうど日本滞在中のことで特別ゲストにも登壇いただきます!☆彡

◆名取 美和さん
タイ財団法人バーンロムサイ
http://www.banromsai.jp

タイ チェンマイでHIV母子感染孤児の生活施設を運営、
現在5歳から17歳まで31名の子どもたちとともに暮らしています。
彼らの自立支援と、寄付だけに頼らない運営費捻出のために
プロダクツ製作やゲストハウス運営にも力を入れ、
HIV感染児の第一世代の子どもたちがこれから迎えるであろう
多くの問題を危惧する一方、10年目を迎える今年、バーンロムサイの
活動を軸に新しい社会貢献の形をこの先も提案してゆきたいと
考えています。


■場所:
慶応義塾大学三田キャンパス 第1校舎 102教室
東京都港区三田2−15−45
(田町駅(徒歩8分)・三田駅(徒歩7分)・赤羽橋駅(徒歩8分))
http://www.keio.ac.jp/access.html

※懇親会は三田周辺の予定です。


■参加費:
NWM 1,000円(資料代)
懇親会 4,000円程度(お店での飲み会の実費になります。)


■申込み:
事前にお申し込みをお願いします!
申込・懇親会参加のご連絡はこちらのホームページからどうぞ!
http://www.sv-tokyo.org/wordpress/?page_id=24

※申込み最終締切り:6月19日(金)AM11:00
(最終締切り前にも、定員に達した時点で締め切ります)

※会場の関係で、定員100名程度となります。
人数オーバーの場合には先着順となります。
申込み後、参加できなくなった場合は、お手数ですが
info@sv-tokyo.org まで、ご連絡をお願いします。

※懇親会お申込みの方はお店の予約の都合上、
当日のキャンセルはご遠慮ください。


■主催:
ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)
慶応義塾大学井上研究室


◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<主催団体紹介> ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)

http://www.sv-tokyo.org/
http://info.sv-tokyo.org/
http://www.sv-tokyo.org/wordpress/?page_id=8

北米で展開する、ソーシャルベンチャー・パートナーズをモデルに、
東京版を立ち上げました。

ビジネスや、社会分野での専門性をもった個人が出資をし合い、
ファンドを組成。社会的な起業を支援しています。

お金のコミットメントだけでなく、自分の専門性を生かした時間の貢献や、
一緒に汗を流すことを通じて、地域やビジネスのあり方に変化をもたらす
ことを目指しています。

2005年より各パートナーが毎年10万円の出資を行い、実際に支援活動を
行なっています。
■2005-2007,2008
「フローレンス」
「多文化共生センター東京」
■2007-
「バイリンガル・バイカルチュラルろう教育センター」
「マドレボニータ」
■2008-
「女性医師のキャリア形成・維持・向上をめざす会」
「みやじ豚」
「ワールドキャンパスインターナショナルインコーポレイティッド」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆
posted by SVP東京 at 13:58| NWM(ネットワークミーティング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

第45回 SVP東京ネットワークミーティング 報告レポート

去る2009年2月21日(土)に第45回ネットワークミーティング<自然エネルギーとコミュニティの未来>を開催致しました。

港区立エコプラザにて、104名もの参加者にお集まりいただき、天井や床の木の温もりがやさしい素敵な空間で行われました!

IMG_1190.JPG
↑会場の様子

【14:00 - 14:15】
港区立エコプラザのご紹介
http://eco-plaza.net/

今回のネットワークミーティングの主催でもあり、会場を提供して下さいました港区立エコプラザの池田正昭さんより、エコプラザとコンゴ・プロジェクトについてご紹介をいただきました。

また、自転車の動力を利用した水の浄化システムAquaductについても映像を使ってご紹介いただきました。

【14:15 - 15:05】

潟純gト・インターナショナル代表取締役 ムポイムポイ・カントさん
http://www.talak.com/mpoyi/

ムポイムポイ・カントさんにコンゴのエネルギー事情とご自身の今後のビジョンをお話いただきました。

IMG_1182.JPG

コンゴ出身のムポイムポイさんは、日本の大学・大学院で地質工学を学び、現在まで日本で暮らしているそうです。中学1年生の時に日本が大好きな先生と出会い、先生が話す日本の戦後復興と急成長の歴史に魅せられ、日本に来る決心をしたそうです。

コンゴはGRAND INGAという世界最大の水力発電事業を保有していますが、発電された電力は多くは国外輸出されているか、もしくは電力インフラの整備が遅れているために、コンゴ国内に殆ど電気が行き渡っていない状況になっているそうです。また水の供給も同様にインフラ未整備のため清潔な水が行き届かないのが現状だそうです。

ムポイムポイさんの夢は、太陽光発電や風力発電などの自然エネルギーを使った発電技術や、エコロジーに清潔な水を供給できる方法を開発・普及させ、コンゴのエネルギーインフラの整備に役立てていきたいとのことです。

さらに、将来的には自然エネルギーで発電された電気を、電源コードをつなぐことなく供給できる「無線電源」技術を開発したいとのことです。

「想い続けていればいつか夢はかなう」といわれますが、世界的に新しい自然エネルギー技術が注目されている中、ムポイムポイさんの夢はもう手に届く所に来つつあるような気がしました。

【15:05 - 15:15】

SVP東京の紹介及び今回のテーマについての紹介

SVP東京代表・井上英之より当団体のご紹介、及びSVP東京ディレクター金井匡彦より今回のテーマ「自然エネルギーとコミュニティの未来」の概要について紹介しました。

【15:25 - 16:20】

おひさま進歩エネルギー株式会社 南原順さん
http://www.ohisama-fund.jp/

・エネルギーの地産地消
・コミュニティを自分たちの手でつくる
・お金の流れを変えて、社会を変える
・望む未来を選びとるーエネルギーを自分たちの手に取り戻すー

これらをテーマに自然エネルギー市民ファンドの運営に携わる、おひさま進歩エネルギー株式会社 南原順さんにお話頂きました。

IMG_1207.JPG

おひさま進歩エネルギー株式会社は市民から集めた資金で太陽光パネルを購入・設置し、自然エネルギーの普及を行っています。運営する「温暖化防止おひさまファンド」では一口10万円から出資を集め、長野県飯田市を中心として幼稚園などにソーラーパネルを設置し、そこから生まれた電力を販売する収益で元本の返済と一定の利回りの配当を行うそうです。自然エネルギー発電の普及によるCO2削減効果は一つの目標ですが、幼稚園や保育園等に設置することにより環境教育の一助とすることも狙っているそうです。

ソーラーパネルは未だ設置に非常にコストがかかりますが、ファンドでは太陽熱の供給事業や省エネルギーを組みあわせることにより設備投資コストを補填するような仕組みを持っているそうです。

おひさまファンド事業の開始前は出資者が集まるかどうか懸念もあったということなのですが、地域のため、環境のために活動する理念に共感した人々が集まり、現在出資者数は全国で約600人に上っているとのことです。

自然エネルギーは長期的な視野でみれば社会的に重要であっても、短期的な利回りが見込めずにまだまだ企業の投資が少ない分野です。それを、多少低い利回りでも長期的な目線でつき合ってくれる市民から投資を集めることで、社会に新しいお金の流れが生まれます。おひさまファンドは太陽光発電という方法を利用して、そういった「ソーシャル・ファイナンス」と呼べるような新しいお金の流れを作る、非常に新しくて、おもしろい事業であるのだと思います。

【16:40 - 15:30】

NPO法人ガイア・イニシアチブ 藤田周子さん
http://www.gaiainitiative.org/

ガイア・イニシアチブの活動の一つである「ソーラーランタンプロジェクト」について、藤田周子さんにお話頂きました。

このプログラムは「あたらしい技術と、古くからの村をつなげよう」という理念のもと、電気が通っていない途上国の村に太陽光発電で灯りがつくランタンを配る活動を現地NGOとの協力のもと、行っているそうです。

IMG_1229.JPG

世界で無電化人口(電気が届かない場所に住む人々の数)は16億人と言われおり、その4分の1の4億人はインドにいるそうです。活動開始約6ヶ月目の現在は、そのインドを中心として活動を行っています。

ソーラーランタンは地域のコミュニティセンターにランタンを充電するソーラーパネルを置き、昼はセンターで充電、夜は住民に有償で貸し出す形で利用してもらっているそうです。現在は、充電パネル1個とランタン50個を1セットとして、地域に寄贈され、利用する住民は少額のお金でレンタルすることが可能だそうです。ランタンの充電・貸し出し業務は地域から選ばれた人を教育して担当してもらっていることから、ソーラーランタン事業は村の起業家教育の実践の場ともなっています。

立ち上げ段階の現在は企業の寄付によってランタンと充電パネルの購入資金が賄われており、インド企業のスポンサーで40村、日本からの企業・個人スポンサーで7村の活動実績があるとのことで、今後はこのプロジェクトを寄付金で賄うだけでなく事業化も検討し、世界のより多くの人の手に渡るようにしたいとのことです。

政府主導、大規模投資で発電所建設を進めて行くのが従来の電力インフラ作りの常識ですが、特に政府の投資が行き届かない貧困地域においては、ソーラーランタンのような、地域主体、小型の電力インフラモデルが効果的なのかもしれないと感じました。

【17:30 - 18:30 】
トランジション・ジャパン 榎本英剛さん
http://www.transition-japan.net/

脱石油型のまちづくりを目指す「トランジション・タウン」活動を推進するトランジション・ジャパンの榎本英剛さんにお話頂きました。

「トランジション・タウン」は大学で自然建築等を教えていたロブ・ホプキンス氏により、2005年に英国南部トットネスではじまりました。現在はロンドンなどの大都市を含め、世界中の様々な都市に広がっているそうです。

IMG_1326.JPG

この活動は、石油ピークという問題解決に向けて、地域住民の想いや地域のリソースを活用しながら脱石油化の実施・普及活動を行い、地域レベルでの変革を目指すモデルだそうです。地域住民が食・エネルギー・経済・住などといった関心テーマごとにグループを作り、それぞれのグループでテーマに関連した環境活動を行うそうです。例えばトランジション・タウン発祥地のトットネスでは、食グループでは地域の食マップを作成したり、エネルギーグループは市民所有の風車を建設などを行ったそうです。

日本では神奈川県と山梨県の県境にある藤野、東京小金井、そして葉山でトランジションの活動が立ち上がっています。トランジション藤野の活動などは2008年秋設立と始まったばかりですが、地元の建材を利用した低エネルギーの共同住宅を作る「里山長屋プロジェクト」が動き出すなど活発な活動を展開しているそうです。

トランジション・タウンが生み出そうとしている地域住民の主体性を限りなく引き出した地域主導のソーシャルイノベーションのかたちは、これからの地域再生の試みとして非常に面白くなっていくのではないかと思います。


気候変動、ピークオイル、水資源の減少など私たちの生活に直接影響するような危機は今後数十年の間に訪れる可能性がおおいにあります。

危機を恐れるだけではなく、個人が集まり、コミュニティ(家庭、会社、学校、地域など)が力を合わせて、楽しくクリエイティブに未来を創っていくことはきっとできる。そんな地域発の可能性を感じられたネットワークミーティングでした。
(SVPパートナー 広瀬大地)
posted by SVP東京 at 11:33| NWM(ネットワークミーティング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

第5回投資・協働先募集は終了しました

SVP東京 第5回投資・協働先募集は
平成21年4月4日(土)をもちまして終了いたしました。

たくさんの応募をいただき、感激しております。
これからひとつひとつ書類を読ませていただき
投資・協働先の選定に取り組んでいきたいと思います。

本当にたくさんのご応募、ありがとうございました。
posted by SVP東京 at 02:06| SVP東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。