2011年11月07日

第57回NWMレポート1(facebookより)

岡本代表のつぶやきから!facebookより



これからSVPネットワークミーティング。
2年間の投資協働期間が終わったプラスリジョン福井さん、
カタリバ久美さんをお招きし、セミインターナルなセッション。
参加者として、ケアプロ川添さん、発達わんぱく会の小田さん、
きずなメール大島さんも来て下さり、超豪華メンバー。
すごい場になる予感!


プラスリジョン福井さん「2年半前、SVPの投資先に応募した時は、
" オニオンキャラメリゼ"を開発した直後だった。
それから、SVPとの投資協働の2年間で、飛躍的な成長を達成できた。
具体的には、事業の黒字化による成功モデルの確立、
事業所の水平展開・多店舗化による4拠点への増加、
さらには新商品の開発(ABC CookingStudioとカレーパンを共同開発、
フェリシモさんによる株主優待商品化、行政との連携モデル化)などなど。」
もちろん、これらは福井さんの魅力と努力によるもので、
その成長に寄り添うことができ、共に達成できたことは、
本当に嬉しく、そして誇らしい。


プラスリジョン福井さん「SVPとの協働が始まった直後、
残念ながら2名体制から1名体制になった。
にも関わらず、販売パートナーは2から11に増加。
マイナスからのスタートだったが、SVPからの100万円を
営業活動経費などに使えたことが大きい。
ネットワークにより企業を繋いでくれた。
また、ツールの作成やディスカッションパートナーでも
業務効率化に貢献してくれた。
協働ではむずかしい局面もあったが、SVPとの2年間に本当に感謝している」


続いて、カタリバ今村久美さん
「SVPに申し込んだ時、事業はキャリア学習ププログラム"カタリ場"だけであったが、
現在、被災地エリアにて"コラボスクール"という学習指導に、
キャリア学習のノウハウを活かして展開している。
社会の課題に対して、事業を拡大している。」


カタリバ久美さん「青森でカタリバを受けた高校生が、
今年の夏、キズナハイスクールで東京の高校生とワークショップを展開した際、
最もリーダーシップを発揮した。東京の有名高校の生徒ではなく、
青森でカタリバを受けたいわゆる進路多様校の八戸南高校の生徒。」


カタリバ久美さん「SVPに申し込んだ時、カタリバは岐路に立っていた。
メディアには取り上げられていたが、" 経営する"ということが
どういうことか分からなかった。SVPとの協働が始まり、
それまで感覚的に行っていた経営的意思決定に筋が通り、
職員チームビルディングの円滑化など、圧倒的に基盤が強化された。」


カタリバ今村久美さん「SVPとの協働期間中に事業規模は3倍になった。
また、一旦受益者は減らし、質を担保するというジャッジをした。
基盤が強化された結果、代表の私が東北に行ったきりになっても、
首都圏事業が回り、かつ発展する体制が出来ている」


カタリバ久美さん「SVPとの協働により基盤が強化され、
サステナブルな事業体への方向性が見えている。
申し込んでいた時は、運営に悩む日々だったが、
今は自由な発想で事業を展開できている。本当に感謝!」


以上、これからはクローズドなセッションに入るので、
中継はここまでにします!いやぁ、学びが多い。。
posted by SVP東京 at 23:19| NWM(ネットワークミーティング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。