2011年07月09日

7/20 新しい社会とお金の流れを"やっぱり具体的に”考える 〜駒崎弘樹×影山知明チャリティトークセッション〜

◆SVP東京が協力しているイベントです!!
 シリーズ最終回です。

新しい社会とお金の流れを"やっぱり具体的に”考える
〜駒崎弘樹×影山知明チャリティトークセッション〜

参加申し込みはコチラ http://atnd.org/events/17694


■日 時:平成23年7月20日(水)19:00〜22:00
■会 場:中野サンプラザ エトワールルーム
http://www.sunplaza.jp/banquet/index2_7.html
■参加費:2000円
*本イベントの利益は全て
NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会 に寄付させて頂きます。

■内容:
第一部:トークセッション >約80分
休憩>約10分
第二部:NPOシーズの活動紹介 >約10分
第三部:参加者と対話の場 >約60分

■主催:シーズ・サポート・プロジェクト
■協力: ソーシャルベンチャーパートナーズ(SVP)東京

東日本大震災から4ヶ月。
いま、過去を取り戻す以上の大きな変化が
私たち自身に求められているのではないでしょうか。

シーズ・サポート・プロジェクト
チャリティトークセッション最終回では
NPOフローレンス代表の駒崎弘樹さんをお招きします。

画期的な「病児保育」サービスを実現した社会起業家の先駆者であり、
「新しい公共」や「出資型非営利法人格」など
制度提案の面でも、政府に大きな影響を与え続けている駒崎さん。

今回、影山さんと、皆さんと、一緒に考えたいテーマは
「新しいお金の流れ」。そして、その先に思い描く社会。

特に「新寄付税制」がついに法案成立・施行となった今
ひとりひとりがもう少し、自らのお金の使い方について意識的になれれば
この社会は大きく変わる可能性を秘めています。

そしてその社会は、どんな方向へ?

――私たちの変化のヒントが、ここにあります。

■ゲスト・駒崎弘樹氏 @Hiroki_Komazaki
NPO法人フローレンス 代表理事。1979年東京都江東区生まれ。
慶応大学総合政策学部卒業。在学中はITベンチャー企業を経営。
「『病児保育問題』を解決し、子育てと仕事の両立が当然の社会を創ろう」と、
05年4月に全国初の訪問型・共済型病児保育サービスを開始。
2007年ニューズウィーク「世界を変える社会起業家100人」に選出。
10年からは待機児童問題解決のための小規模保育サービス 「おうち保育園」 を開始。
2011年内閣官房「社会保障改革に関する集中検討会議」委員に就任。
プライベートでは1児(娘)の父。経営者でありつつも2か月の育休を取得。
著書に 「社会を変えるを仕事にする」 「働き方革命」
「社会を変えるお金の使い方―投票としての寄付・投資としての寄付―」
*参考掲載記事 「ドリームゲートスペシャルインタビュー」

■モデレーター・影山知明氏 @tkage
東京大学法学部卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。
26歳で独立系ベンチャーキャピタルに転じ、30億円のファンドを運用。
投資先とリスク/リターンを共有した事業開発に従事する。
35歳時、自分の生家の建て替えに合わせ、
西国分寺に、こどものための喫茶店 「クルミドコーヒー」 をオープン。
他に 「NPOコレクティブハウジング社」 の代表理事、
セキュリテ被災地応援ファンド 等で話題の、新しい金融をつくる
「ミュージックセキュリティーズ株式会社」取締役としての顔も持つ。
*参考掲載記事 「ヒトヒコ」

■「NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会」 @npoweb
市民活動の基盤となる法制度を整備するため、1994年に設立された団体。
これまでの実績には【NPO法】【認定NPO法】【NPOの情報公開制度】創設、
【NPO法人会計基準】 策定、 【日本ファンドレイジング協会】 設立等がある。
311震災後は当日から緊急ロビーを開始し、
「震災ボランティア・NPO等と各省庁との定例連絡会議」 の開催・運営と同時に、
被災地復興NPO支援の為の、規制緩和や震災特例税制等を次々に実現。
更には今国会での【新寄付税制】と【NPO法改正】の為に全力活動中。
新寄付税制&NPO法改正のわかりやすい解説→税理士・脇坂誠也氏のblog (1) (2)
〜〜〜シーズのミッション〜〜〜
「市民活動を支える制度をつくる、それにより、人々の社会を変える力を強くする」
posted by SVP東京 at 10:48| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。